振り返り

平日練習で仕事終わり中心に走って実感したこと 

今日の練習

今日も仕事終わりに南関町から和水町の16㎞をグルリと一周走ってきました。

 

 

 

 

 

今月も総走行距離は375㎞まで達してきました!

 

 

 

 

 

8月も下旬に入り、以前より日の落ちるのも早くなってきました。夏場は日が落ちるのが遅く、街灯のない田舎道の風景を楽しみながら走れるので、ホームの南関町農村広場をグルグル回ることに比べると、あっという間に15㎞走り終える感覚です😋

今日も金栗四三さんが小学生の頃に小学校までの6.5㎞を駆け通っていた道を走りましたが、相変わらず起伏が結構きついのでよく鍛えられます!下の絵の大体6.5km~南関第三小学校の11.5㎞付近とその勾配です

 

 

 

 

 

平日はほぼ仕事終わりの18時以降に走ることがほとんどですが、仕事終わりに走って実感したことをまとめてみましたので、興味ある方はご参照ください😁

私見のみですが、私と同じようなほとんど長距離歴ないサブスリー目指すアラフォーランナーや、5時間・4時間切り目指す初心者ランナーの参考にもなると思います😁

私が朝に走らない(走れない)理由

①朝はゆっくり寝たい。

②朝は走るよりも頭を使いたい。

③朝はしんどくて遅すぎるペースとなってしまい練習効果を実感できない。

朝はどうしてもしんどい😝起床後1時間は空けないとよりしんどいですが、1時間空けるならその分寝たい!ほんで朝はボーッとしやすい分、心が無の状態になりやすいので勉強に集中し易いので勉強するか寝たいんですね(笑)

無理して走ってもペースが遅くなるばかりでよいフォームで走れる感覚もないのです。

よく朝走るメリットとして夕食後から時間空いているため糖分減少し脂肪燃焼し易いと言いますが、私はそれ以上にしんどいというデメリット寝るか勉強するかの欲求を優先するため、朝に走ることはほとんどありません。

私が仕事終わりに走る理由

①仕事終わりに走るとすぐに仕事のストレス解消が図れること。

②仕事終わりすぐに晩飯食わず走るため脂肪燃焼し易く減量し易いので、ご飯を美味しく沢山食べれて幸せな気分になれること。

③機会的にも生理的にも走らざる得なくなり習慣化していること。

①仕事のストレスをすぐに減らせる感覚が癖になり、走らないと仕事のストレスが溜まって嫌になるんですね(笑)。

②朝同様に体内の糖分が減少し脂肪燃焼し易い状態で走るので減量には効率的ですね😁多少お腹が空いていても走ってしまえば程よいしんどさから空腹感を感じにくくなりますね、あくまで個人的感想ですが。

いつもは職場から走るか、近所の公園まで移動して走るかですが、近所の公園まで移動しようとするとコンビニやスーパーに途中寄ってしまうんですね😋なので効率的脂肪燃焼して走るためには、誘惑のない職場から直で走ることがおすすめですね、なかなか修行的ですが!

③朝走らないので、夜走らないと走る機会そのものがなくなるので走らざる得ない感じとなっています。また、上記した①・②の生理的な欲求(理由)から走ることが習慣化され、人間の三大欲求みたいなもの的に何も考えず、日常化してきていますね(笑)

好きなことを仕事にしているヒトの強みみたいに

なっているのかなと感じます!