練習

練習10月5日(月)~10月11日(日) 走れてきてるんじゃないかと感じた1週間

今週も今日で終わりということで1週間の練習内容を記録しまーす😆今週も100㎞以上走れ、15㎞走でPB更新でき良かったです!私と同じようにサブスリーを目指すランナーの参考になればと思います。

1週間の練習

10月5日(月) ジョグ7㎞

10月6日(火) ペース走10㎞+ジョグ5㎞

10月7日(水) ペース走15km+ジョグ5㎞

10月8日(木) ジョグ15㎞

10月9日(金) ジョグ15㎞

10月10日(土) LSD30㎞

10月11日(日) 完全休息

ほんまは走りたかったけど、前日の靴擦れの痛みが思ったより尾を引き、テーピングしても痛くて走れなかったので休息しました。

10月1日~10日まで休みなく196㎞走ったら休んでもよかろうもん😋

今週の成果と課題

成果

ここにきてようやく、脚で走るより上半身で足が勝手についてきて走るという感覚が得られてきました🤓得られてきた理由として

  1. 腕の振りを変えたこと
  2. 腕の振りを変えるために体幹前傾位を意識して走ったこと
  3. ①②をジョグのゆっくりペースで一歩一歩確認し、慣れたら徐々にスピード上げて走ったこと

ですね🤓これを意識し始めたのはサブスリーするために、現状のフォームでは限界を感じていたことです。

7月上旬に開催された第1回TRACK SESSION KUMAMOTOで、5㎞15分前後で走るランナーの走りを初めて、しかも目前で見れたことがフォーム改善の大きなヒントを得られました!

テレビで見るのは走るスピードに応じてカメラも一緒に動くので、どれくらい速く走っているのわかりにくいんですよね~😝箱根駅伝やマラソンの中継で沿道を走る一般人が時々映りますが、それと一緒に比べた時にわかる感じが生のレース見学であったのです。

多くのランナーをトラックで見学するため、共通するフォーム特徴をスタートからゴールまで15分程度みれることは大きな勉強ですね~!

私が感じた共通するフォームの特徴は以下の通りです。改めて書くまでもなく先行報告されている当然のことばかりですが、自分で実感して学んだことは身に着ける点では大きい学びの違いがありますからね😇

  1. 体幹の正中軸がぶれない
  2. 体幹は直立位ではなく常にやや前傾位
  3. そうでないとフォアフット接地できない
  4. ヒール接地の方のほとんどが体幹直立位
  5. ヒール接地のランナーは、しんどそうで非効率なフォームに見えた
  6. 一方フォアフット接地のランナーは、楽そうで余裕のあるフォームに見えた

まだまだ細かい点は沢山ありますが、書ききれないので特に実感したことだけですね😋

で、これらを意識しやすく走るには、やはり薄底シューズがよかったです!厚底だと底が厚いこと、カーボン等で硬いことかた人間の足部機能を活かした走り方がしにくいですからね😆

ジョグは薄底でフォーム修正を目的に走り、スピード練は厚底でスピード持久力アップ目的に走ってます!

課題

腕振りの仕方に無駄がまだまだ残るなと感じます。速く走れば走るほど無駄がそぎ落とされるコツを掴めそうです😋

今後のレース予定

①10月17日(土)、第2回TRACK SESSION KUMAMOTOで5kmレース、inえがお健康スタジアム

前回はキロ3:45クラスに出場し今回も同じ。7月上旬の暑い時期だったので、涼しくなってきたこと、走りこんできたこと等を鑑みて前回よりも当然速くゴールするのを目標!

 

②10月24日(土)、第14回熊本タイムトライアル1500mレース、inえがお健康スタジアム

1500mの自己ベストは、公認記録ではないけど7月のビジター練習会で走った3:19ペース。

 

 

 

 

 

 

 

 

公認レースでトラックを走ったことなく、トラック自体初めて走ったのは7月に開催されたTRACK SESSION KUMAMOTOでのレース😆

目標は5分切りですが、このときよりも当然速くゴールしたい!GPS上3:19ペースだと、5分超える可能性高いのでもう少し速いペースが必要ですね

 

③11月1日(日)、第1回 UFハーフマラソン in 熊本、in熊本県民総合運動公園

コースは以下の写真の通り。知ってる人走っている起伏が激しいです(笑)

坂道を上手く活かし、キロ4:00~4:05内で走ろうと思います😇

30Kやフルマラソンのレース予定はありませんが、12月にフルマラソン走るつもりで、この3レースはスピードの現状レベルをみていくで~!

↓練習後によく飲むドリンク・キレートダブルレモン。カロリー控えめ😋