練習

練習-ペース走15km-2020/09/15-アラフォーになっても成長を感じたこの二日

今日も昨日に引き続きキロ4:10ペースでペース走を15kmした😝結果は以下の通り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のシューズは久しぶりのアルファフライ!昨日はヴェイパーフライネクスト

ピッチが180以下だったのがgood pointと捉えています。スピードを抑えて走ったので、さらに速く走るにはピッチが上がってくると思いますが、その余力があるものと考えます。

2020年2月のマラソンシーズンまではsub3ペースになると185以上になりやすかったので、成長の証っぽいですね(笑)

シューズがランニングエコノミーを助けた力もあるとは思いますが、それでも初めて二日連続sub3ペースで15km走れました。これは小さな自信になりましたで😆次へのステップを踏んでる感じがしますぜ

アラフォーになっても、人生で最も身体機能・心肺機能が良くなっているのをこの2日間で感じましたぜ😝

長期的・計画的・継続的に練習しないと得られない成果なので、嬉しいぜ。

仕事でも教育の基本として、「意図的・計画的・継続的」というキーワードがあったことを思い出した。時には思いつきもいいけど、そればかりやと再現性ある成果を得られにくいどすえ😂

これだけやっているランニング・マラソンというスポーツは、他のスポーツと何が特異的かを考えることが多くなってきたのでメモしてみる。

  • 用具はシューズ以外ほとんど使わないから、自身の体の使い方に向き合える
  • 一人でも成立する競技のため、結果は他の競技者が交絡因子となりにくい。

上記より、アラフォーになっても身体機能だけでなく、他責にせず原因自分論で考える機会が多くなり、心も成長してきたと思いまする。

まさしく心・技・体の相乗効果

私はダイエット目的で37歳から「走り始め、最初はペースがわからず連続1㎞も走れませんでした。連続5㎞走ることに1か月以上かかり、連続10㎞は2か月半、10㎞60分切りには4か月以上かかりました。

年齢に打ち勝ちたい人は、とにかく一度走ってみてください。おすすめはランナーが多くいる日中の公園。いろんな刺激がありますぜ