週間日記

【週間日記#73】東京マラソン開催!参加自粛したランナーには権利移行&全額返金⁉【2022年2月28日~3月1日】

こんちゃ🤓

挨拶はいつも失敗小僧先生のまね(笑)

そんな今週も不可逆的なケガの為、ジョグ約23㎞が限度😂

しかし、今週はついに開催されましたね~!

他大会同様、開催直前で規模縮小や中止になると思てた東京マラソン。

ぼくちゃんも倍率10倍の狭き関門を潜り抜け、権利移行で今回参加する予定だったけど、怪我でDNS😂悲しすぎる

2大会分の参加費がパーとなり権利移行もできなくなる。

倍率高い東京マラソンなんでもう当選できずに走れないかもしれない・・。

結構へこみながら過ごしてた今週に東京マラソンエントリセンターから以下のようなメールが届きました。

ちょい疑問が残ったのでエントリーセンターへ問い合わせてみました。

初めの2文に疑問があり、もしかしたらDNSの自身にも権利移行&返金対応していただけるかもしれないと思ったからです。

①2022年2月18日(金)に参加者ご本人の安全確保に加え、医療への負荷軽減のためにも基礎疾患をお持ちの方等、少しでも体調に不安がある場合については、参加をお控えいただくようお願いをしたところです。

②この度、感染症専門家の意見等も踏まえ、「新型コロナウイルス感染症において重症化のリスク因子とされる基礎疾患等※」に該当するなど、健康上の理由により参加を見合わせる方については、次回大会以降への出走権移行を行わせていただきます

まず1文目赤文字箇所の「等、少しでも体調に不安がある場合」とは、基礎疾患以外の疾患も含まれるのかについて伺いまちた。

次いで2文目赤文字箇所の「等※」に該当するなど、健康上の理由により参加を見合わせる方」とは、「新型コロナウイルス感染症において重症化のリスク因子とされる基礎疾患」に該当しなくても健康上の理由がある方は該当するのかについて伺いました。

そしていただいた回答は、どちらも含まれ該当するとのことでした。

「新型コロナウィルス染症において重症化のリスク因子とされる基礎疾患」に該当しなくとも少しでも体調に不安がある場合、健康上の理由がある場合で参加を見合わせる方は、開催後案内予定の手続きに則り、権利移行&返金対応できると回答いただきました。

拡大解釈はできないのでどの疾患でも包含・該当されないと考えますが、コロナ感染後に保有疾患が増悪し生活に支障生じるケースは対応可能なのかなと思いました。

これはかなり貴重な情報だと思い、情報共有目的に記事にしました。

後は案内を待つのみですね😇

そして本日開催された東京マラソン2021では、期待通りのキプチョゲ選手、鈴木健吾選手の走りでした。

鈴木選手は歴代2位の記録で走り、さすがの実力でした!

私も怪我を早く治して本気の走りをしたいです😋

また、いい刺激を受けたので頑張れそうな日々が過ごせます。

ほれでは今日はここまで。さいなら、さいなら✋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA